掲示板

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

なべ

Author:なべ
愛知県大府市在住

2006年9月頃から
ラジコンヘリを始めました。
宜しくお願いします。<(_ _*)>ぺコリ

連絡先:nabe061224@yahoo.co.jp

カテゴリー

アクセスランキング参加中

R/C Net Surfing Navigator にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pixyzap(12月30日)

DSCF0989-1.jpg

冬の連休に入り、大掃除も済み、外は風が強かったので、
pixyzapの修理の為に色々と購入した部品を組み付けました。

ベルトの反転を修理するのですが、どうせテール周りを分解するので、
ネジがバカにならない様、メタル化しました。
部品はFlyingHobbyとRCTRAXより購入しました。
上が組みあがった写真です。

この部分の組付けはさほど難しくはなかったのですが、
ベルトを組付けるのに、テールパイプの中でのベルトのねじれが
外からパイプの中を覗いてもその小ささからなかなか見え難く、
何度もテールパイプにベルトを入れ直しました。

DSCF0988-1.jpg

今回、自分が選んだテールケースユニットには写真の如く、
ベルトを案内するローラがなく、スリットでベルトを規制する物でした。
ちゃんと規制してくれるか心配でしたが、実際に飛ばしてみたところ
問題はありませんでした。

DSCF0990-1.jpg

上の写真は、ヘッド周りです。
ミソスリを少しでも減らすべく、シーソ関係をメタル化して、剛性とネジの緩みを
なくしました。
少しはミソスリも減ったように思います。
それから、メタル化により機体重量が重くなる為、
フライバーアダプターを中間の重さにしました。
テストフライトでは、安定感は変わらず、安定してました。

以下が、新規に購入組付けした部品です。

CNC Tail Grip Set(203630)
CNC CF Tail Case(203670)
CNC See-Saw Spindle(203625)
アルミシーソウセット(203620)
Double Bearing Tail Pitch Slider Set(203600)
ブラックカーボンテールブーン(203194)

機体重量は下記のとおりです。バッテリも含んでいます。
<変更前>
DSCF0960-1.jpg


<変更後>
DSCF0963-1.jpg

フライバーアダプターの重さを下げた分、変更前より少し軽くなっています。
スポンサーサイト

pixyzap(12月22日)

DSCF0956-1.jpg

pixyzap用のピッチゲージがなかったので、
(GP用のは持っていましたが、pixyzapの様な小ささですと、ガバガバで使えません)
pixyzapの部品とあわせてFlying-Hobbyで
Micro Heli Pitch Gaugeを購入しました。
http://flying-hobby.com/catalog/product_info.php?cPath=21_100&products_id=492

そのままで使えるか、ローターに当ててみましたが、少しガバガバだったので、
上記の写真の様に分解して、右下の部品の左側を削りました。
削ったおかげで、ローターが納まってくれピッチが測れるようになりました。

pixyzap(12月14日)



DSCF0948-1.jpg
DSCF0951-1.jpg

今日も仕事から帰ってきて、室内でpixyzapをホバリングしていたら、
置いてあった物に接触し、メインロータの根元がグラグラするので、
M2ネジ(スピンドル)を交換しました。
交換した時にベルトがひっくり返っている事に気づき、
元に戻しましたが、再びロータを回転させると、
上の写真の様にねじれてしまいます。
写真を3枚載せましたが、ねじれが分かりますか?

テールパイプを引っ張って、再度取り付けて、
ベルトのテンションを上げてみましたが、
ねじれは無くなりませんでした。

( ̄~ ̄;)ウーン・・・これはベルトの交換かな?
手配しなくちゃ

pixyzap(12月06日)

DSCF0912-1.jpg

最近良く、ミソスリをするようになってきました。
ネットで色々と見てみると、回転数が上がっていないと
その様な現象が起こり易いようで、
回転数を上げてみましたが、そんなには変わらず。
あとは、各部品の緩みをなくしたら、ミソスリがなくなったとあったので、
小さなボルトを締めなおしました。
上写真のシーソ部分のネジを締めなおしたら、ミソスリはなくなりました。
ただ、その部分は樹脂で出来ており、ネジがバカになりそうなので、
今後、その部分をアルミ化して行こうと思っています。

pixyzap専用ケース(11月27日)

DSCF0868-1.jpg

今日はpixyzap専用ケースねたを1つご紹介します。
pixyzapを持つと、その小ささから運搬時の機体の破損を防ぐ為と
スペアーパーツが小さいがゆえにその維持管理の為に
ケースが欲しくなって来ました。
それで、ホームセンター等にてアルミケースを探しましたが、
丁度良い大きさのケースが見当たりません。
仕方がないので、プラスチックケースも探してみた所
上写真の工具箱のケースを探し出しました。
DSCF0866-1.jpg

このケースには、内皿がありましたが高さ的に干渉するので
取り払いました。
そして、機体(中央の物)とリポケース(左側の金属製ケース)と
スペアーパーツを入れるケース(右側の樹脂ケース)を
入れ込みました。
リポケースとスペアパーツケースはマジックテープにて
このケースの内側面に止めました。
DSCF0871-1.jpg

機体の固定方法は、ホームセンターで配線を固定する樹脂のクリップを
利用しました。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。