掲示板

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

なべ

Author:なべ
愛知県大府市在住

2006年9月頃から
ラジコンヘリを始めました。
宜しくお願いします。<(_ _*)>ぺコリ

連絡先:nabe061224@yahoo.co.jp

カテゴリー

アクセスランキング参加中

R/C Net Surfing Navigator にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受信機のジャイロコネクタ抜け(2月3日)

070203-02.jpg

今日、1タンク目の終わり頃の着地しようとした時に、
ラダーの操作をしていないのに機体が1回転しました。
どこかおかしいと思い、機体をチェックしましたが
おかしい所が見当たらず、どこか緩んでいるのかな?と思い
燃料を足して、まずはメインロータを回して、
どこか緩んで振動していないかチェックしてましたが、異常が見つからず
恐る恐る注意しながら、上げてみた所、10秒ぐらい経った時に
際ほどと同様に回転し始め、注意して着地したのですが、
テールロータを破損してしまいました。
しかしながら、テールロータ破損防止ステーを付けたので、
大きな破損には至りませんでした。

原因が見つからないと、対策が出来ないので、
色々と調べて行った所、受信機の電源を入れても
ジャイロが点灯しない事が分かりました。
受信機周りを見てみて所、ジャイロのコネクタが外れかかっていました。
試しに、ジャイロのコネクタをはめ直し、受信機の電源を入れると点灯してくれました。
そう言えば、今日はいつも使っているチャンネルが使用中だったので
他のチャンネルに変えるべく、受信機を触った時にコネクタが緩んでしまった様です。
そこで、抜けないようにインシュロックで以下の様に軽くしばる対策しました。
これで、インシュロックがずれて外れない限り、コネクタは抜けないと思います。
070203-03.jpg

スポンサーサイト

コメント

 危なかったですね。テールローターだけで済んでやれやれでしょう。
 受信機のソケットは簡単に抜けるほどゆるくはないと思うのですが、差し方がゆるかったのでしょうかね。
 シンセの場合、普通の受信機に比べると飛行場で触る機会が多いと思います。コネクターは奥まできっちり差し込む習慣を身につけてましょう。

sugiさん、こんばんは

受信機のソケットは端子が長そうなので、
抜けることは少ないと思いますが、
当方の場合は受信機を取り出す時に
配線を束ねている関係で、他の線がジャイロの線をひっぱり
ジャイロのソケットが抜けかかってしまっていて
飛ばしている時の振動で、最終的に抜けたと思われます。

今回、初めて軽度のノーコンを経験し、
改めて、ノーコンの怖さを知りました。
今後はコネクタ、ネジ等を十分にチェックして
飛ばしたいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://rcheli.blog86.fc2.com/tb.php/26-f7a5e30d

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。