掲示板

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

なべ

Author:なべ
愛知県大府市在住

2006年9月頃から
ラジコンヘリを始めました。
宜しくお願いします。<(_ _*)>ぺコリ

連絡先:nabe061224@yahoo.co.jp

カテゴリー

アクセスランキング参加中

R/C Net Surfing Navigator にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中州飛行場(05月01日)

DSCF0745-1.jpg
今日は朝9時半頃、中州飛行場に行って来ました。
飛行場に着くとヘリ仲間が1名いらっしゃいました。
フライトの準備をしている中、
いつもならダンプが通り、砂煙を巻き上げて
風下だとその砂煙をモロに受けるのですが、
今日は休みなのかダンプが1台も通りません。
そのおかげで、天気の良い青空の下、気持ち良くフライトが出来ました。

当方は昨日、修理したエンジンの調整で余りエンジンの回転数を上げず
ホバリングを2タンク飛ばしました。
この時は、エンジンも冷え冷えで良い音を立てながら飛んでくれました。
その後、時々、アイドルアップをかけ、回転数を上げてみました。
そうして、再びノーマルに戻したのですが、回転数が余り下がらず、
回転数が高いままの状態になりました。
エンジンの下を触ってみると、指で触れますが、チンチンな状態でした。
その為、途中でニードルを開いてみましたが、回転数は低くならず、
今日はそこまでで昼に引揚げました。
修理後の慣らし運転がどれぐらい必要なのか?よく解りません。
どなたか、教えてくださいませ<(_ _*)>ぺコリ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。